2007年06月03日

モウリーニョが残留アピール「補強資金は1ポンドもいらない」

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、
戦力補強におけるチームの方針転換について、
「補強資金は1ポンドも必要ない。」と語り、
現有戦力での覇権奪回に自信を覗かせた。

ロシア人富豪のロマン・アブラモビッチがオーナーに就任して以来、
豊富な資金力でスター選手を次々に獲得してきたチェルシー。
しかし、2006−07シーズン途中から戦力補強の方針を
育成型に転換すると、主力メンバーにケガ人が続出しながらも、
今年1月の移籍マーケットでは補強を行なわなかった。

さらに今オフの補強でも、大幅な節約を敢行。
DFグレン・ジョンソン(元ポースマス)をレンタルバックするほか、
すでに獲得を発表した、
MFスティーブ・シドウェル(元レディング)、
FWクラウディオ・ピサーロ(元バイエルン)、
DFアレックス(元PSV)の3選手の獲得には
移籍金が発生しておらず、
今後も補強は“自由移籍組”に限定する方針だ。

しかし指揮官のモウリーニョは、
クラブの決定を全面的に支持する考えを明らかにしている。

「我々はすでに多額の資金を費やして、
長期間に渡って戦えるメンバーを揃えた。
だから、シーズンごとに大型の補強を繰り返す必要はない。
過去2年間、我々は基本的に同じメンバーで戦った。
マケレレを除けば、まだまだ若いメンバーばかりだ。
ケガ人がいないという条件なら、
来シーズンも同じメンバーで戦えと言われても、
私は喜んで受け入れる。
我々は“自給自足型”のクラブに生まれ変わろうとしているんだ。
監督の私が巨額の資金を使う必要はないね。」

ケガ人の続出で厳しいシーズンを送り、
プレミアリーグのタイトルをマンチェスター・ユナイテッドに
譲ったチェルシー。
戦線離脱者の穴を埋めるべく、
シーズン途中に補強を要請したモウリーニョだったが、
これが却下されると、首脳陣との確執を表面化させ、
一時は退団確実とまで伝えられた。
しかし、シーズンオフを迎えたモウリーニョは、
「チェルシーを去るタイミングは何度もあったが、
そのたび私は残留を望んできた。
このクラブで最善を尽くし続けたいと思っている。」と、
クラブへの忠誠心をアピール。
一部報道では、次期監督候補の選定が
水面下で進められているとも言われるだけに、
現有戦力の底上げをが必要となる来シーズンこそ、
モウリーニョの真価が問われると言えそうだ。
posted by 青いイナヅマ at 20:14| ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルンからピサーロが加入

チェルシーは、この夏でバイエルンとの契約が切れる
ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロを
移籍金なしのフリートランスファーで獲得したことを
クラブのオフィシャルサイトで発表した。
既に獲得を決めていたMFスティーブ・シドウェルに続いて、
チェルシーのこの夏2人目の新戦力となったピサーロは
「自分にとってタイトルを取れるチームであることが
非常に重要だった。
チェルシーにはその大きな可能性があるからね。
他にもいくつかオファーはあったけど、
ジョゼ・モウリーニョ監督と話をして、
チェルシーに行くことを決意した。」と、
コメントしている。
なお、今回の契約合意に関する詳しい契約内容は
明らかにされていない。
posted by 青いイナヅマ at 20:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。