2007年05月20日

ドログバのゴールでFA杯優勝!

19日、FA杯決勝チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド
が行われ、延長戦の末1−0でチェルシーが勝利し、
FA杯優勝を飾った。
試合は序盤から両チームリスクを冒さず、
決定的なチャンスがなかなか生かされないこう着した展開となった。
後半に入ると、流れを変えるべくチェルシーが、
MFアリエン・ロッベンを投入し、
リズムを掴むがゴールを割ることはできない。
結局試合は延長戦へともつれ込み、
両チームに決定機があったものの決めることができず、
PK戦が濃厚かと思われた延長後半11分、
MFフランク・ランパードとのワンツーで
ディフェンスラインの裏に抜け出した
FWディディエ・ドログバがゴールを割り、
チェルシーが待望の先制点を決める。
このゴールが決勝点となりチェルシーが
ダブル(カーリング杯優勝とFA杯優勝)を達成。
有終の美で今季を終えた。

試合後、チェルシーを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督が
FA杯を制した喜びを語った。
同監督は「我々が最高のチームだったから、
この素晴らしいカップを獲得することができた。
シーズン中は多くの問題を抱えていたが、
それでも最終的には2つのタイトルを手にすることができた。
それに今日はただのFA杯ではなかった。
新しくなったウェンブリーでの初の決勝だったし、
マンチェスター・ユナイテッドが相手だったこともあるからね。
このタイトル獲得は3シーズンに渡ってチェルシーが
イングランドのフットボールをリードしたという
事実を与えるものだ。」とコメント。
マンチェスター・ユナイテッドを相手に
優勝を飾ったことに満足しているようだ。

イングランド代表MFランパードは試合後
「FA杯の優勝はとても大きな意味を持つ。
ファンにとっても非常に素晴らしいことだ。
チェルシーはウェンブリー(決勝戦の行われたスタジアム)で
伝統的な大会で優勝したんだ。
僕たちのファンも素晴らしい声援を送ってくれていたし、
彼らも十分優勝に値するよ。」と、
優勝の喜びとファンへの感謝を語った。
また、自身の去就についても触れ、
「チェルシーが好きだし、ここが僕のクラブだ。
一生プレーを続けたいと思っているよ。」とコメントしている。


出場選手

GK  1 ツェフ
DF 20 フェレイラ
    5 エッシェン
   26 テリー
   18 ブリッジ
MF  4 マケレレ
   12 ミケル
    8 ランパード
FW 24 ライト=フィリップス(93分 21 カルー)
   11 ドログバ
   10 J・コール(46分 16 ロッベン)
           (108分  3 A・コール)

SUB GK 23 クディチーニ
    MF 19 ディアッラ

得点 116分 ドログバ

警告  84分 マケレレ
   120分 カルー
   120分 フェレイラ
   120分 A・コール 
posted by 青いイナヅマ at 23:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。