2007年05月22日

ツェフ、今季を振り返る

チェコ代表GKペトル・ツェフが、
今シーズンの戦いを振り返った。
同選手が「おかしなシーズンだったよ。
チェルシーは多くのケガに対処しなければいけなかったからね。
僕自身も10月の中旬に選手生命が危ぶまれるほどの
ケガを負ってしまった。
周りの人の助けと懸命な努力で復帰することができたけどね。
それは自分との戦いに対する勝利だった。
FA杯のタイトルはごほうびみたいなものだよ。」と語った。
また、プレミアリーグのタイトルを失ったことについては
「この失望は計り知れないものだよ。
我々には3連覇を達成する可能性もあったんだからね。
でも、多くのケガ人が出てしまったから、
僕達には十分なエネルギーが残されていなかった。」と、
ケガ人が多く出てしまったことを悔やんだ。
posted by 青いイナヅマ at 23:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。