2007年05月31日

モウリーニョ「運が欠けていた」

今シーズン、チェルシーを率いて
カーリング杯とFA杯を勝ち取った
ジョゼ・モウリーニョ監督だが、
CLのタイトルを獲得できなかったことで
不満の残るシーズンとなったようだ。
同監督は今シーズンを振り返って次のように語っている。
モウリーニョ監督は、「勝利は習慣であり、文化だ。
そして勝利には多くの準備が必要だ。
ここで非常に幸せだよ。
CLで私は最後の段階までのぼりつめたが、
ちょっとした運が欠けていたと感じている。
チェルシーはこの4年で3度CL準決勝を戦った。
これは素晴らしいことだが、
1度も決勝でプレーすることはできなかった。
クラブはより多くを望み、
私も以前CLを勝ち取ったが、それは過去のことだ。
チェルシーと共にそれを成し遂げたいと思っている。」とコメント、
チェルシーでのCL制覇を誓った。
posted by 青いイナヅマ at 00:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。