2007年05月23日

レディングからMFシドシェル加入。

レディングのイングランド人MFスティーブ・シドシェルが、
チェルシーに加入することになった。
シドシェルは今年7月1日でレディングとの契約が切れるため、
移籍金は発生しない。
1982年12月14日生まれの24歳で、
身長は178cm、体重は74kg。
アーセナルの下部組織出身の同選手には
ニューカッスルも興味を示していた。
シドシェルは今週中にもメディカルチェックを済ませ、
7月からチームに合流する予定だ。
来季チェルシーはポーツマスからレンタルバックされる
右SBグレン・ジョンソンの加入のほか、
3選手の補強を考えているようで
シドシェルは1人目の新加入選手となる。
なお、チェルシーの最高責任者であるピーター・ケニヨン氏は、
さらにディフェンダー(CB)とフォワード1名ずつを
補強したいと語っている。
posted by 青いイナヅマ at 23:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ドログバがFA杯決勝前に名演説

コートジボアール代表のFWディディエ・ドログバは、
イングランド・FAカップ決勝の試合開始前に
チームの士気を鼓舞する名演説を行っていたようだ。

現地時間19日に行われた決勝で、
延長戦の末にマンチェスターUを破ったチェルシー。
決勝ゴールを決めたドログバは、
チームの結束にも一役買っていたようだ。

MFフランク・ランパードは、
「ディディエは、試合前にみんなを呼び寄せて円陣を組ませ、
話し始めたんだ。
とてもすばらしいスピーチだったよ。」と証言。
「彼は、『俺は不安だ。みんなも不安に感じているだろう。
俺たちは皆、同じ気持ちだ。
でも、俺たちはこれから戦いに向かう。
そして、お互いのために全力を尽くす。
これだけは確かだ。』と短く言ったんだ。」と、
その内容を明かした。

そう言ったあとドログバは選手ひとり一人の目を見つめ、
最後に肩などを叩きながら、
決戦へ臨むチームメイトを勇気付けたという。
「何も言わずに呼び集められたので、
彼が何をするのかまったく分からなかった。」とランパード。
「あの円陣は、僕達にとって色々な意味でよかったよ。」と
ドログバに感謝していた。
posted by 青いイナヅマ at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツェフ、今季を振り返る

チェコ代表GKペトル・ツェフが、
今シーズンの戦いを振り返った。
同選手が「おかしなシーズンだったよ。
チェルシーは多くのケガに対処しなければいけなかったからね。
僕自身も10月の中旬に選手生命が危ぶまれるほどの
ケガを負ってしまった。
周りの人の助けと懸命な努力で復帰することができたけどね。
それは自分との戦いに対する勝利だった。
FA杯のタイトルはごほうびみたいなものだよ。」と語った。
また、プレミアリーグのタイトルを失ったことについては
「この失望は計り知れないものだよ。
我々には3連覇を達成する可能性もあったんだからね。
でも、多くのケガ人が出てしまったから、
僕達には十分なエネルギーが残されていなかった。」と、
ケガ人が多く出てしまったことを悔やんだ。
posted by 青いイナヅマ at 23:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッベン、契約延長間近

オランダ代表FWアリエン・ロッベンの父
ハンス・ロッベン氏が、
同選手の契約延長の可能性について
次のように語っている。
同氏は「我々は新しい取引の間近にいる。
契約条項の全てに同意するわけではないが、
大きな問題はなかった。」と、
契約延長が間近に迫っていることを明かした。
さらに噂されていたバイエルンへの移籍については
「それはナンセンスだよ。
アリエンを求めてきたクラブがいくつかあったのは確かだ。
しかし、我々には常にチェルシーと新たな契約を
結ぶと考えがあったんだ。」とコメント。
移籍の可能性を強く否定した。
posted by 青いイナヅマ at 23:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新シーズンの戦力構想を明かす。

来季に向けて現有戦力から3選手を放出するという。
同クラブのチーフ・エグゼクティブを務めるピーター・ケニヨン氏は
現地時間20日、そのなかに
ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコと
ドイツ代表MFミヒャエル・バラックは
含まれていないことを明言した。

「シェフチェンコとバラックを売るようなそんなことは起きない。
我々は彼らを3年、4年といった契約で買い取った。
1シーズン限りのために迎え入れたわけではないし、
彼らの能力、可能性というものについて我々はよく分かっている。」
と、英『BBC』ラジオに対して語ったケニヨン氏。
「ビッグプレーヤーとして来季もチェルシーにいると確信している。」
とも述べ、今季開幕前に加入した大物2選手の放出を否定した。

ミラン(イタリア)から移籍金3000万ポンド(約72億円)で
加入したシェフチェンコ、
バイエルン(ドイツ)から移籍してきたバラックだが、
移籍初年度の2006−07シーズンはリーグ戦では
期待されていたほどのパフォーマンスを
見せることができていなかった。
このことについてケニヨン氏は、
「彼らはもっと大きなモノを与えられると感じている。
チームに落ち着くには時間がかかるもの。」と話し、
来季は完全にフィットしたふたりのプレーが
見られるはずと期待を込めていた。

またケニヨン氏は、来季の獲得選手についても言及。
3選手を放出するのに対して3、4選手を獲得する姿勢を示し、
DFの中央を務められる選手を筆頭に、中盤、ストライカーを
補強するとした。
また、スムーズに進んでいないMFフランク・ランパードと
DFジョン・テリーのイングランド代表コンビとの
契約延長交渉については、近いうちに完了すると
楽観的な姿勢を示している。

現地時間20日、ジョセ・モウリーニョ監督は、
クラブ側にテリー、ランパードの2選手との
新契約締結を望むコメントを発表した。

プレミア制覇こそ逃したものの、
19日にはマンチェスターUを延長戦の末に下して
FAカップ優勝を成し遂げたチェルシー。
中心選手として今季もチームを牽引してきた
テリーとランパードについてモウリーニョ監督は、
「このふたりは、たった3年間でイングランドのサッカー界で
すべてを勝ち取ってきた。
そして彼らはそれを再現したいと思っているし、
新しいタイトルを欲している。
私は、彼らはこのクラブで幸福を感じていると思うね。」とコメント。
改めて2選手に対する強い信頼を表現し、
クラブに契約交渉をうまく進めるように求めていた。

また、モウリーニョ監督は、来季に向けた補強については
3、4選手を獲得する見込みであるとし、
特に来年頭に行なわれるアフリカ・ネーションズカップによる
離脱選手を念頭に置いている様子。
控えの層が薄いセンターバックのほか、
ガーナ代表MFマイケル・エッシェン、
ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルの
ネーションズカップ出場が予想される中盤、
コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ、
FWサロモン・カルーも同じ理由で抜けるとみられる
前線についても補強の必要性があることを述べた。

「もし、ケガ人がそんなに多く出なくて、
3、4選手獲得でチームにいいバランスを与えられるようなら、
我々はいい位置に付けられると思う。
そして、大金を使う必要もない。」と語ったモウリーニョ監督。
今季はけが人のほか、オーナーのアブラモヴィッチ氏との
不和が報じられるなどした激動のシーズンを振り返り、
「そう簡単に私を殺せやしないということが分かったよ。」と、
同監督らしく話していた。

現在の戦力構想として戦力外といわれるのは、
GKマグヌス・ヘドマン、DFハリド・ボラルーズ、
そしてDFジェレミ・ヌジタップといわれている。

新戦力として内定しているのは、
ポーツマスからレンタルバックされるDFグレン・ジョンソンと
レディングからボスマン移籍するMFスティーブ・シドシェルの
2人。

あとCBとFWを獲得する方針で、
最有力なのが両選手とも他クラブからのレンタルバックによる
加入と見られている。
CBはPSV(オランダ)からブラジル人のアレックスが、
FWはインテル(イタリア)からアルゼンチン代表の
エルナン・クレスポだ。
しかし両選手の復帰にあたり、問題を抱えている。

アレックスはセレソンの経験が乏しいため、
イングランド国内の労働ビザ獲得が困難な状況である。
チェルシー側はイングランド国家に働きかけているが、
無理な場合はペペ(ポルト/ポルトガル)や
ジョルジュ・アンドラーデ(デポルティーボ/スペイン)
あたりの獲得か18歳のセルビアの
スロボタン・ライコビッチ(OFKベオグラードから獲得済み)を
トップ登録させるとみられる。

クレスポはイングランドへの復帰に難色を示しており、
インテル側も残留を希望している。
5月中に決断するといわれ、復帰を拒否した場合は、
PSV(オランダ)のペルー代表ジェフェルソン・ファルファンを
最有力に獲得を目指すものとみられる。

トップ選手はモウリーニョ監督の方針から24名が維持される。

ここ数年多額の移籍資金を使い選手獲得に走っていた
チェルシーだが、今シーズンから節約路線に切り替えるため、
必要以外大物補強は控える方針をとることになった。

そのため、大きな血の入れ替えはなく、
うまくいけば移籍金ゼロ補強が実現する。

FAカップとカーリングカップを制した反面、
プレミアリーグ3連覇とCL制覇を逃がすなど
ファンには物足りなさも感じた今シーズン。

来シーズンこそ4冠達成に向けて、スタートは切った。
posted by 青いイナヅマ at 01:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ドログバのゴールでFA杯優勝!

19日、FA杯決勝チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド
が行われ、延長戦の末1−0でチェルシーが勝利し、
FA杯優勝を飾った。
試合は序盤から両チームリスクを冒さず、
決定的なチャンスがなかなか生かされないこう着した展開となった。
後半に入ると、流れを変えるべくチェルシーが、
MFアリエン・ロッベンを投入し、
リズムを掴むがゴールを割ることはできない。
結局試合は延長戦へともつれ込み、
両チームに決定機があったものの決めることができず、
PK戦が濃厚かと思われた延長後半11分、
MFフランク・ランパードとのワンツーで
ディフェンスラインの裏に抜け出した
FWディディエ・ドログバがゴールを割り、
チェルシーが待望の先制点を決める。
このゴールが決勝点となりチェルシーが
ダブル(カーリング杯優勝とFA杯優勝)を達成。
有終の美で今季を終えた。

試合後、チェルシーを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督が
FA杯を制した喜びを語った。
同監督は「我々が最高のチームだったから、
この素晴らしいカップを獲得することができた。
シーズン中は多くの問題を抱えていたが、
それでも最終的には2つのタイトルを手にすることができた。
それに今日はただのFA杯ではなかった。
新しくなったウェンブリーでの初の決勝だったし、
マンチェスター・ユナイテッドが相手だったこともあるからね。
このタイトル獲得は3シーズンに渡ってチェルシーが
イングランドのフットボールをリードしたという
事実を与えるものだ。」とコメント。
マンチェスター・ユナイテッドを相手に
優勝を飾ったことに満足しているようだ。

イングランド代表MFランパードは試合後
「FA杯の優勝はとても大きな意味を持つ。
ファンにとっても非常に素晴らしいことだ。
チェルシーはウェンブリー(決勝戦の行われたスタジアム)で
伝統的な大会で優勝したんだ。
僕たちのファンも素晴らしい声援を送ってくれていたし、
彼らも十分優勝に値するよ。」と、
優勝の喜びとファンへの感謝を語った。
また、自身の去就についても触れ、
「チェルシーが好きだし、ここが僕のクラブだ。
一生プレーを続けたいと思っているよ。」とコメントしている。


出場選手

GK  1 ツェフ
DF 20 フェレイラ
    5 エッシェン
   26 テリー
   18 ブリッジ
MF  4 マケレレ
   12 ミケル
    8 ランパード
FW 24 ライト=フィリップス(93分 21 カルー)
   11 ドログバ
   10 J・コール(46分 16 ロッベン)
           (108分  3 A・コール)

SUB GK 23 クディチーニ
    MF 19 ディアッラ

得点 116分 ドログバ

警告  84分 マケレレ
   120分 カルー
   120分 フェレイラ
   120分 A・コール 
posted by 青いイナヅマ at 23:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

チェルシーがホーム無敗記録達成!!

13日に行われたプレミアリーグ最終節、
チェルシーvsエバートンの試合は
1−1の引き分けに終わった。
試合は0−0のまま折り返した後半5分に
ヴォーンのゴールでエバートンが先制するが、
ホームの無敗記録がかかっているチェルシーも反撃。
後半12分にFWディディエ・ドログバの
今季20点目のゴールが決まり同点。
その後は互いに得点を奪うことは出来ず
1−1で幕を閉じた。
これでホームのでの無敗記録を63に伸ばしたチェルシーは、
リバプールの持つリーグ記録に並んだ。

試合後、ジョゼ・モウリーニョ監督は
記録達成について次のように語った。
同監督は「本当に嬉しく思っている。
リバプールの偉大な記録と並ぶことができたのは
名誉なことだからね。
ホームで強い文化を我々は今後も
キープしていなければならない。」とコメント。
プレミアリーグ3連覇の夢こそ打ち砕かれたが、
偉大な記録を達成したことに喜びのコメントを残した。


出場選手

GK  1 ツェフ
DF 20 フェレイラ
    9 ボラルーズ
   26 テリー
   18 ブリッジ(89分 51 ハッチンソン)
MF 12 ミケル(74分 33 モライス)
   10 J・コール(70分 47 サハル)
    8 ランパード
FW 24 ライト=フィリップス
   11 ドログバ
   21 カルー

SUB GK 40 イラリオ
    MF 50 サウヤー

得点 57分 ドログバ

警告 44分 ブリッジ
   68分 J・コール 
posted by 青いイナヅマ at 00:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

FA杯決勝の前哨戦はスコアレスドロー

9日、プレミアリーグ第34節延期分の
チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの
対戦が行われ、0−0のスコアレスドローに終わった。
両チーム主力選手を休ませ、
若手中心で臨んだ一戦は、前後半通じてホームの
チェルシーが押し込む展開が続いたが、
運に見放されたこともあり最後までゴールを
奪うことができなかった。
一方のマン・Uはメンバーを入れ替えたことによる
連携関係が否めず、
全くと言っていい程チャンスを作ることが出来ないまま、
試合は終了を迎えた。

試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は
「4月15日に試合が出来なかったことが残念だよ。
プレミアリーグは世界最高のリーグであるし、
FA杯決勝と同じカード、
チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドともなれば
今日のようなつまらない試合にはならないはずだからね。
今日の試合は世界中のフットボールファンが
テレビの前で観戦していたはずだが、
彼らも途中で飽きてしまったのではと思う。」とコメント。
プレミアリーグ屈指の好カードが
退屈な展開となってしまったことを嘆いた。

また、チェルシーは19日FA杯決勝で再び
マンチェスター・ユナイテッドと対戦するが、
そのことについては
「我々は常に決勝にたどり着きたいと思っていたよ。
トッテナムなど強いチームばかりを倒してここまで来た。
もし優勝できれば、イングランド内のあらゆる強豪に
勝ったと言うことができる。」と語った。


出場選手

GK 23 クディチーニ
DF 19 ディアッラ(88分 33 モライス)
   20 フェレイラ
   26 テリー
   18 ブリッジ
MF  4 マケレレ
    5 エッシェン
   12 ミケル(46分 10 J・コール)
FW 24 ライト=フィリップス
   21 カルー
   49 シンクレア(54分 47 サハル)

SUB GK 40 イラリオ
    DF 14 ジェレミ

警告 21分 ミケル
   51分 ディアッラ
   56分 エッシェン
posted by 青いイナヅマ at 00:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

アーセナルにドローで、リーグ3連覇の夢途絶える。

6日に行われたプレミアリーグ第37節、
アーセナルvsチェルシーの試合は1−1の
引き分けに終った。
両チームとも決め手を欠いた試合は、
前半終了間際にDFハリド・ボラルーズのミスから
獲得したPKをG・シウバが決めてアーセナルが先制。
ボラルーズがレッドカードで退場したこともあり、
後半はアーセナルが圧倒的にボールを支配するも、
25分に得たセットプレーの流れから、
MFマイケル・エッシェンのゴールが生まれ、
ここから1人少ないセルシーの猛攻が始まる。
しかし、あと1点が遠く、スコアは1−1のまま終了。
この結果首位マン・Uと2位チェルシーの勝点差が
「7」となり、チェルシーの3連覇が消えると共に
マン・Uの4シーズンぶり14回目の優勝が決定した。

3連覇を逃がしたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、
「チェルシーのプレースタイルはいつも変わらなかったし、
その精神はどのシーズンも同じものだった。
常勝のチームが敗れるとき、
これまでのように全力を尽くさなかった。
ハングリー精神に欠けたからというかもしれないし、
自己批判をすることもある。
だが、そういったものとはまったくの正反対だった。
今季、うちの選手たちは本当に素晴らしかった。
チャンピオンだったときよりも、
誇らしく思っていると言ってもいいかもしれない。」
と自分たちの戦いぶりに誇った。

また、アーセナル戦については、
「攻撃のオプションやストライカーの
FWディディエ・ドログバが負傷で欠き、
打つ手が乏しかったにもかかわらず、よく戦った。
しかし、PK、レッドカード(前半43分に
ボラルーズが退場)と厳しかった。
誰も試合は決まったと思っただろうが、
最後の10分間はチェルシーが勝つかも
しれないと思ったはずだ。」
とチームの健闘を称えている。


出場選手

GK  1 ツェフ
DF 20 フェレイラ
    9 ボラルーズ
   26 テリー
   18 ブリッジ
MF  5 エッシェン
   10 J・コール
   12 ミケル(74分 19 ディアッラ)
    8 ランパード
FW 24 ライト=フィリップス(80分 49 シンクレア)
   21 カルー

SUB GK 23 クディチーニ
    MF  4 マケレレ
    FW 47 サハル

得点 70分 エッシェン

警告 31分 ミケル
   90分 エッシェン

退場 43分 ボラルーズ
    
posted by 青いイナヅマ at 10:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

CL、PK戦に屈し、またも決勝進出ならず。

1日、CL準決勝2ndレグ、
リバプールvsチェルシーの対戦が行われ、
1−0でリバプールがリードし90分を終えるも、
2戦合計スコアが1−1となり、延長戦へともつれ込む。
しかし、延長戦でも勝敗は決せず、
迎えたPK戦では守護神レイナの活躍もあって
4−1でリバプールが勝利、
2シーズンぶりの決勝進出を果たした。
試合は前半22分に、左サイドで得たフリーキックを
ジェラードが意表を突き、
グラウンダーのボールを送ると、
ペナルティエリア中央に詰めていたアッゲルが左足で合わせて、
リバプールが先制に成功する。
結局120分を通してそれ以降ゴールは生まれることなく、
PK戦を制したリバプールがアテネへの
切符を手に入れた。一方またもチェルシーはあと一歩で
悲願のCL決勝進出を逃がす結果となった。

試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は
「言いたいことはほとんどないよ。
だが、我々の選手たちには自分自身のことを
誇りに思ってもいい理由がたくさんあるのは確かだ。
CLに出ているチームのなかだけでも、
我々は最高のチームだった。
時にフットボールはこのようなものなんだ。
我々はこの状況に立ち向かうために、
もっと強くならなければならない。」とコメント。
敗退にも健闘した選手たちを称えた。


出場選手

GK  1 ツェフ
DF 20 フェレイラ
    5 エッシェン
   26 テリー
    3 A・コール
MF  4 マケレレ(118分 14 ジェレミ)
   12 ミケル
    8 ランパード
FW 10 J・コール(98分 16 ロッベン)
   11 ドログバ
   21 カルー(107分 24 ライト=フィリップス)

SUB GK 23 クディチーニ
    DF  9 ボラルーズ
       18 ブリッジ
    MF 19 ディアッラ

警告 28分 A・コール
posted by 青いイナヅマ at 00:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。